おうち時間に、お米農家の極上スイーツのグルテンフリータルトを作ってみませんか。

こんにちは~

すっかり寒くなってきましたね。

農家の冬はやっと少しほっこりできる嬉しい季節です。。

そして、あったかーいお茶と美味しーいスイーツが恋しくなる季節でもあります。

 

今日は「みりんスイーツと発酵食」minamoto食堂の田辺まほさんから教わったスペシャルなスイーツ・タルトのレシピをご紹介します。

この冬は巣ごもりの方も多いとおもいますので、ぜひ作ってみてほしいです。

というか私もこの冬、絶対に作りたいレシピです。

↓↓↓↓↓

 

お米農家の極上スイーツ!

“玄米粉”と“のみりん”のアーモンドカスタードタルト(グルテンフリー・動物性不使用)

 

こちらのタルトでは、「のみりん」を煮詰めて、アルコールを飛ばした、「のみりんシロップ」を活用しています。まずは、のみりんシロップの作り方からご紹介します!

 

【のみりんシロップを作り方】

 

〈材料〉

〇のみりん 適量(のみりんシロップとして使いたい量の2倍量)

 

〈作り方〉

①小鍋にのみりんを入れて弱火にかけ、半量ほどになるまで煮詰める。

加熱前ののみりんの重量の半分より少し多いくらい(100g→60g前後)が目安です。

 

時間と手間と愛情を惜しみなくかけて、丹精込めて作られたお米から作られた、のみりんを煮詰めて、甘さがギュッと凝縮されたこのシロップのおいしさには、この上ない贅沢さを感じます。今回のスイーツ以外にも、シロップの代わりとして活用できるので、ぜひお試しください!

 

 

玄米粉とみりんのアーモンドカスタードタルト(グルテンフリー・動物性不使用)

 

〈材料〉18cmのタルト型1台分

【お米農家の玄米粉とのみりんのアーモンドタルト】

《玄米粉とのみりんのタルト生地》

 

A

○お米農家の玄米粉 80g

○アーモンドプードル 40g

○片栗粉 25g

○きび砂糖 10g

○塩 ひとつまみ

B

○ココナッツオイル 50g

○のみりんシロップ 50g

 

〈作り方〉

①オーブンを160度に予熱する。

②ボウルにAの粉類をすべて入れ、よく混ぜ合わせる。

③別の容器にBの液体類を合わせ、オイルとシロップを乳化させる。

④ ②と③を合わせ、よく混ぜ合わせる。

⑤生地をひとまとめにしてから、めん棒で生地を型の大きさに伸ばす。

 

⑥タルト型にはめ、生地の底全体にフォークで穴をあける。

⑦160度のオーブンで、10分空焼きする。その間にアーモンドクリームの生地を作る。

※アーモンドクリームなしのタルト台を焼く場合は、15分~20分焼いてください。

 

ポイント

〇お砂糖の量は、お好みで調整してください。

〇ココナッツオイルは、バターなどの他の油でも代用できます。固まっている場合は湯煎して液体に戻してからご使用ください。

〇タルト生地がうまくまとまらない場合は、ココナッツオイルを足して調整してください。

〇タルト生地のふくらみが気になる場合は、重りをして焼いてください。

 

玄米の香ばしい香りが生きた、タルト生地。のみりんの甘さでお砂糖は最小限に仕上げました。お米の味を大切に引き出したタルト生地は、クッキーとしてもお楽しみいただけます。

クッキーの場合は、生地をまとめて伸ばしたら、お好みの型で型抜きをして、160度のオーブンで15分~20分焼いてください。

 

《のみりん香る!アーモンドクリーム生地》

〈材料〉18cmのタルト型1台分

A

〇アーモンドプードル 60g

〇お米農家の玄米粉 20g

〇きび砂糖 25g

〇ベーキングパウダー 小さじ1/2

 

B

〇豆乳 40g

〇ココナッツオイル 30g

 

〇のみりん 小さじ2

〇バニラオイル お好みで

 

〈作り方〉

①オーブンを170度に予熱する。

②ボウルにAをすべて入れ、よく混ぜ合わせる。

③ボウルにBをすべて入れ、よく混ぜ合わせる。

④②に③を加えてよく混ぜ合わせ、のみりんと、お好みでバニラオイルを加え、よく混ぜる。

⑤空焼きしたタルト型にクリームを入れて表面をならし、170度のオーブンで15分~20分焼く。

ポイント

 

〇お砂糖の量は、お好みで調整してください。

〇ココナッツオイルは、バターなどの他の油でも代用できます。固まっている場合は湯煎して液体に戻してからご使用ください。

〇豆乳は牛乳にも代用できます。

〇焼き時間はオーブンによって調整してください。

 

タルトをリッチに仕上げてくれるアーモンドクリーム。薄力粉の代わりに玄米粉、洋酒のかわりにのみりんを使用して作りました。アーモンドの風味と玄米の香ばしさがマッチして、ふんわり香るのみりんの香りもとてもいいアクセントに!素材それぞれが生きたアーモンドタルトになりました。このタルトにカスタードをのせて、アーモンドカスタードタルトを完成させていきます!

 

【玄米粉とみりんのveganカスタード】

 

〈材料〉作りやすい分量

A

○お米農家の玄米粉 大さじ2(約15g)

○きび砂糖 大さじ1(約10g)

○きなこ 小さじ1(約2.5g)

○のみりんシロップ 大さじ1(約15g)

○ココナッツオイル 大さじ1(約13g)

〇塩麹(塩) 小さじ1/2(ふたつまみ~)

〇豆乳 100g~120g

 

〇のみりん 小さじ1/2

〇バニラオイル 適量

 

〈作り方〉

①鍋にAをすべて入れ、ダマがなくなり、なめらかになるまでよく混ぜ合わせる。

②豆乳を少しずつ加えて、よく混ぜ合わせる。

③鍋を中火にかけ、とろみがつくまで、木べらで混ぜながら加熱する。

④フツフツと沸騰してきたら火を弱め、3分加熱する。

⑤火からおろして粗熱が取れたら、風味付けののみりんと、バニラオイルを加えて混ぜる。

⑥容器にうつしてラップをし、冷蔵庫で冷やす。

 

ポイント

〇甘さが足りない場合は、お砂糖を足してお好みに調整してください。

〇ココナッツオイルが冷えて固まる性質を利用してクリームを固めるので、他のオイルでの代用はできません。

〇クリームの固さは、豆乳の量でお好みに調整してください。

〇豆乳は牛乳でも代用できます。

〇ダマになるのを防ぐため、必ず混ぜながら加熱をしてください。

〇アルコールが気になる場合は、④でのみりんを加えて、加熱してください。

 

玄米粉とのみりんでつくる、vegan仕様のカスタードクリームには、みりんと相性の良いきな粉を少しプラスしました。どこか懐かしい、和風のおいしいカスタードクリームになっています。アーモンドタルトの生地に、冷やしたカスタードクリームをのせて、おこのみのフルーツを盛り付けてお楽しみください。

たっぷりとのせたいところですが、フルーツをのせてカットすると、崩れてしまいやすくなるので、少しうすめにのせるのがおすすめです。余ったカスタードは、パンに塗ったり、クレープやパフェなどのスイーツにしたりしてお楽しみくださいね。

 

今回はりんごのコンポートで、りんごのカスタードタルトを作りました。

今回はりんごでしたが、他のフルーツでもOK!今の季節は柿などもおすすめです。

きな粉風味の和テイストなので、バナナやいちじくなども相性がいいかなと思います。お好みのフルーツを盛り付けて、お楽しみください♪

 

最後にりんごのコンポートのレシピもご紹介します。参考にしていただけたら嬉しいです。

 

【りんごのみりんコンポート】

〈材料〉

〇りんご 1個(約250g)

〇のみりん 30g

〇塩 ひとつまみ

〇シナモン お好みで

 

〈作り方〉

  • りんごは芯をとり、16等分のくし形に切る。
  • 鍋に材料をすべて入れて弱火にかけ、水分がなくなるまで煮詰める。

 

カスタードタルトに、可愛く並べて盛り付けたら、おいしいりんごのカスタードタルトの出来上がり!水分が多い場合は、水気を少しふき取ってから盛り付けてください。

 

 

「みりんスイーツと発酵食」minamoto食堂 田辺真帆

 


岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。