この季節は、毎日お歳暮のご注文を承っております。ありがとうございます。

希少野菜で高価なので、贈り物のご用命が圧倒的に多い「加賀丸いも」です。

 

が、食べ方がいまいちわからないとのお問合せも確かに多いです。

加賀丸いもは山の芋の一種ですが、長いもとは違って断然粘りが強く濃厚な芋です。

すりおろして”とろろ”にするのが、何よりも一番丸いもの粘り強さである特徴と美味しさを味わっていただけるのですが、他にも食べ方がいろいろあります。クセがないので和食はもちろんですが、洋食・中華・スイーツなど、どんなお料理にもあいます。

 

今回は意外な料理法をご紹介しましょう!

 

加賀丸いも麺(グルテンフリー)

 

①大根突きのシュレッターを使って加賀丸いもを細長く突く

②お好みのだしで薬味を添えていただく

 

簡単すぎてごめんなさい(^^ゞ

素材がよければシンプルな方がいいと思います。

お出しは、こだわってくださいね。お好みでいいのですが、やはり素材のよいものを選んでいただけると間違いありません。

 

 

※①を加熱するとトロトロの食感になり、そのままだとシャキシャキの食感を味わえます。

※②のだしは温かくても冷たくてもどちらでもいいです。

 

我が家では、冬場はお味噌汁で温かいトロトロ麺でいただきます。

夏場はひんやりとシャキシャキ麺でいただきます。

是非お試しくださいね。(^^)/