旬の新米が手に入った時、「せっかく新米だし、美味しいご飯が食べたい!」と思いませんか?
そこで気になるのが「炊き方」「水加減」ですよね。
今回は、ピカピカ新米の美味しさを味わうためのコツをご紹介します。

 

コツ①研ぎ方

 お米を研いだら、一番最初の濁った水は、新米が吸ってしまう前に、手早く捨てましょう!!
ぬかの臭みが新米に浸透せず、美味しく炊けます♪
その後は、新米が割れてしまわないよう、優しく3~4回軽く水洗いして、すすぎは1回程度で大丈夫です。

 

 

コツ②浸水


 水に浸す時間は30分~1時間程です。あまり長い時間浸すと、軟らかく炊けすぎてしまう可能性があります。

※ただし、近頃の炊飯器は、研いですぐのお米でも、自動的に気湧水をさせて、それから炊き上げるタイプが多くなっています
ので、そういう炊飯器の場合は、好みにもよりますが、浸水時間を取らなくても良いかもしれません。ご自宅の説明書をご覧
くださいね。

 

コツ③水の量


 新米の水加減は、いつもの分量より10%ほど減らします。分かりやすく言うと、炊飯器のメモリの太い線の1mmか2mm下
らいから試してみてください。(新米だからといって極端に減らさなくて大丈夫です。)
お好みで水の分量を少し変えたりして、お好きな食べ方を探してください。

 

 

コツ④炊き上がり後


炊き上がったら、すぐにほぐしてください。
 通常は炊き上がったら、10分~15分ぐらい蒸らすと良いですが、新米の場合はあまり蒸らす必要はありません。
炊き上がったままにしておくと、固くなる原因になりますのでお気をつけください。

 

上記↑のコツに合わせて、さらに美味しく新米を炊くために重要なのが「水」です。
お米を炊く時に使う水は、新米古米ともに、お米に水分が浸透しやすい「軟水」がオススメです。ふっくら炊きあがります♪

 

以上が新米を美味しく炊くコツでした!
新米のみずみずしさや、ぴっかぴかのテリはこの時期にしか味わうことはできません。
新米を美味しく食べて、食欲の秋を一緒に楽しみましょう♪