古くてパサパサするお米が、もっちり美味しく食べられる方法

こんにちは。お米農家のおかもとです。

10月も後半です。そろそろ今年の新米は皆さん食べられましたか?

朝晩は気温も下がり、寒さを感じるこのごろ、炊きたての新米にあたたかいお味噌汁は最高のごちそうです。

日本人でよかった!と思うひと時ですよね。

 

ですが、「いただいた古米が大量に残っていて・・今年は新米を食べられそうもない( ;∀;)」

そんな方もいらっしゃることでしょう。

実際に、そのような方々の声をきくこともあります。

 

お米農家としては、残念で泣きたくなります。

せっかくの美味しいお米でも古くなれば、やはり食味は落ちます。

美味しくないと、当然食べる量も減ってしまって、ますます残っちゃいますからね。。。

とても残念でなりません。

 

お米だって腐りはしないけど、新鮮でおいしい間に食べていただきたいです。

なので、安いからといって大量に買い置きなどせずに2週間~3週間で食べきれる分を精米して保管してくださいね。

 

今日は、古米も美味しく食べられる方法をお伝えしたいと思います。

実際にうちのお客様でもあった話です。

 

古くてパサパサするお米がもっちり美味しく食べられる方法

 

①お米を洗う時は、1回目の水はすぐに捨てる

②浸水時間は多め(季節によりますが、1時間が目安です)

③水量はやや多めがよいです(1合あたり大さじ1-2お好みで)←※氷を足すのもいいです

④本みりんを加える(大さじ1-2)

これらはいろいろなサイトでも紹介されていますし、とても簡単に試せます。

 

 

さらにうちでは、これ以上に劇的な方法をお教えしています。

❺古い米にもち米を足して炊く(1合につき大さじ1程度)

これが、本当にかわるんです。

簡単ですが、もち米が必要です!

「もち米かぁーー」そうです!

もち米です(笑)

 

うちのお客様で、古米がたくさんあって。。途方に暮れていた方におすすめしたところ、

「本当においしくなったし、もう少しもち米ほしいわー♪」

と、うれしいお声が。

 

ここまで読んでも、「わざわざ普段使わないもち米を買うのもなぁ」と思う方もおいでるでしょう。

ですが、

もち米はおこわも簡単に炊けるので買いおきがおすすめです。

おこわは、おうちで炊きたてを食べるのが断然おすすめです。おうちで作ったことがない方は、感動します!

なにしろ私がそうでしたから(笑)

我が家で、お赤飯を炊くようになってから子供たちからは、たびたびリクエストがあります。

これには、私もビックリです。

 

ぜひ古米がたくさん残っていて、早く新米を食べたいという貴方へ

この機会にぜひ古米にもち米プラスしてみてくださいね。

岡元農場では、カグラモチ1.5キロから販売しています。

すみません、ヤフーショッピングでは現在3キロからです!

 

これから寒くなる冬場は、特にもち米がおすすめです。もち米は、体を温めます。なるほど、寒くなるとお餅が食べたくなるでしょう!

ぜひお試しくださいませ。

 

 

 


岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。