新学期はじまりましたね!岡元農場では、お米の育苗もはじまっています。

春休みも終わり。

岡元農場では3月末から稲の育苗がはじまっています。

まずは、石川の早生品種「ゆめみづほ」から

 

 

 

 

 

4月になったなぁと思っていたら、もう桜も終わり、新学期がはじまりました!

ご入学、ご進学おめでとうございます。

おかげさまで、我が家にも進学した人が一名おります。

 

今日は、新学期ということもあってお赤飯を炊きました(^^)/。

この時期はスーパーなどでも売られていますね。

当然ですけど冷めていて固そうなイメージがあって買ったことはないです。

 

 

 

 

 

 

 

元々そんなにお赤飯好きではないのですが、家で手作りすれば簡単でおいしくできます。

硬さ(水分利用や加熱時間で)も調節できますし、何よりおうちで出来立てを食べるほどおいしいことはありません。

 

もち米はストックしておけば、おこわや炊き込みごはんを作るときにも使えて便利です。

お買い求めはこちらからどうぞ

ヤフー岡元農場カグラモチ

 

 

 

 

 

 

近年は農家も6次産業化を進められて、加工品を作ることが増えていますが、岡元農場では加工品を作ることよりも、簡単でいいからおうちで手作りの楽しさおいしさを味わうことをお勧めしたいと考えています。

お金があれば何でも手に入る便利な世の中とは逆向きのようですが、本当に必要なことって便利なことなのか?と考えたりします。

もちろん、我が家も忙しい毎日の中で、便利なものにもたくさん助けられているのですが、時々は出来る範囲でゆったりとした時間を家族で過ごせたらいいなぁと。

食事の時ぐらい、家族と顔を合わせて一緒に家で炊いたごはんをゆっくり食べて笑顔になってほしいなぁと思います。

 

農家の春はバタバタして慌ただしいのですが、いつものごはんもお赤飯にするだけで、ちょっと特別な感じがするのです。

 

食べるもので元気になったりやる気が出たりしますし

食べたもので体がつくられますから

 

毎日の小さな積み重ねを大切にしたいなと思う農家のおかもとでした。

新年度も美味しいお米作りに励んでまいります!

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 


岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。