お答えします。

 

お米農家に嫁いで、ずっと20年白米を食べていました。

が、ずっと玄米生活を望んでいましたができないまま時間がすぎました。

加齢とともに体のこと、健康のことを常々考えるようになり、一昨年半前から玄米食を続けています。

 

玄米を食べるようになってわかったこと。

①大抵いつも元気な人は玄米食の人が多いということ

②大病をした人が、玄米食にかえて薬を服用しなくなったこと

③パン屋さんが病気になってご自身が毎日玄米を食べているということ

 

わたし自身は、⑴この1年半で冷え性がとても改善されました。かなりひどい冷え性の私、真冬は靴下をはいて布団に入っていましたが、まったくその必要がなくなったのです。⑵そして、花粉症。お米農家だというのにイネ科の花粉症( ;∀;)。イネ科の雑草は年中どこにでも生えています。常にアレルギーの錠剤を携帯していて、ひどいときは1か月間服用し続けていたのですが、この一年ほとんど服用しなくてもよくなったのです!

 

もちろん、完ぺきになくなったわけではありません。

そして、ほかにも自宅でできる体に良いとされること、添加物を控えるように少し気を付ける(とくに白砂糖を使わないとか、甘酒や塩こうじを取り入れるとか調味料など)ようにしてきたのです。

今はサプリメントとか、体によいとされる健康食品もたくさんありますが、なるべく悪そうなもの(添加物のような何が入っているのかわからないものなど)を体に入れないように少し気を付けるようにしただけです。お肉も魚も食べますし、時にはハンバーガーやパスタなんかも食べます。

忙しい時代だし、便利なものもたくさんあります。農繁期はお弁当を買って食べることもあります。

でも、基本的に少しだけ体にいいものを選んで、すこしだけ変えてみる。

時間がなくても質素でも、なるべくおうちでご飯を食べるようにする。

こんな時代だからこそ、そんなことおもって続けてみたところ嬉しい結果がついてきたのです。

と、いうわけでこれからも玄米生活続けたいと思います(^^♪

 

あ、大事なことを忘れていました。

玄米はぬかをとらないので、できるだけ農薬の少ないものをおすすめします。

私はもちろん、岡元農場の豊かなお米̪シリーズ「豊コシヒカリ」特別栽培米を食べています。

農薬は種子消毒のみと厳選されたお米です。

このお米は肥料にもこだわっています。

「豊コシヒカリ」について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→https://okamotonojo.com/yutakakoshi

 

※注意:あくまでも、筆者の感想なので皆が同様とは限りません。玄米食は合わない方もいらっしゃるのご注意ください。