お米農家なので、9月は大忙しの岡元農場です。

が、例年通り9月8日今年も小学5年生と稲刈りしました。

まず、田植した時を思い出して。

5月にたしか3本づつ植えたよね?

3粒の種が…数えてみると28本の稲に!

そして、一本にお米の粒が何粒ついているか?

数えられないくらいたくさんになっている!!!

 

とにかくたくさん実ってる!このお米は誰かが食べるのです。大切な仕事です。丁寧に刈り取りましょう。

と、はじまりました。

どんどん刈っていきます。

刈った後は、コンバインで脱穀します。

その後、コンバインでの稲刈りも見てもらいました。

刈り取って脱穀された稲穂が、乾燥機に入るところもみてもらい

最後に質問や感想なども話してもらいました。

米作りのことが、どのくらい子供たちに伝わったのかわかりませんが、長靴が泥んこになったこと腰を曲げて頑張ったこと

家族でご飯を食べる時に少しでも会話が増えるとうれしいです。

そろそろ思春期を迎える子供たち、どんなことも乗り越えていけるように願う岡元です。