旬を迎えた加賀丸いも豊かなお米を栽培している農家の岡元です。

「加賀丸いも」はどうやって食べるんですか?

大抵県外のお客様からお問合せをいただきます。

(県内でも食べたことがない方もたくさんおいでますが(^^ゞ)

 

とろろ好きな方には絶対に食べていただきたいのですが、一般にあまり流通されていないので残念ながら地元の方以外にはほとんど知られていません。

丸っこい形で地味な野菜なので、みためには「とろろ」をイメージするのは難しいかもしれませんね。

 

 

「里芋みたいなの?」「それともじゃがいも?」

「いえいえどちらでもありません」

「山の芋の仲間です」

「自然薯よりも粘りが強いです」

独特の風味と甘みがあります。

手っ取り早いのは「とろろ」です!すごく濃厚なのでお好みで出汁でのばしてください。

高級野菜と言われていて地元ではもらうと喜ばれますが、自分の為には中々手がでない食材だといわれます。

 

【加賀丸いもの栄養価】

加賀丸いも」見た目はとても地味ですがとっても体にはいい野菜です。

ビタミンB1.ビタミンC.などのビタミン類、カルシウム.カリウム.などのミネラル成分を含みます。

さらに消化酵素水溶性栄養素ねばねば成分など

胃や腸の消化機能を助け、疲労回復にも役立ちます。

タンパク質の吸収を助ける働きもあるということで、授乳期のママにも是非おすすめしたい食材です。

 

煮ても焼いても揚げても、クセがないのでアレンジ次第でどんなお料理にもお使いいただけます。

(栄養価は生で食べるのが一番多いと言われています*但し、山芋アレルギーの方は注意してください!)

 

我が家のレシピもいくつかありますので、宜しければトップページのレシピのところを覗いてみてくださいね。

最近はクックパッドでも加賀丸いもで検索(山芋でも)するといろいろ載っていて便利です。参考にしてみて下さいね。

そしてここ数年はイタリアンやフレンチなどの洋食にも使われることが増えてきました。

実際にイタリアンレストランなどからもお問合せやご注文が増えていて、お料理はもちろん、ケーキなどの洋菓子、デザートにも変身しています。

 

【加賀丸いもは便利】

このように(↑)①色々使えて便利な上、栄養価の高い、そして冬場の②長期保存も可能ですので本当に便利です。

玄関先の寒いところに(10℃以下)置いといてください。3月ごろまでそのままで大丈夫です!

これから冬場は天気が悪かったり寒かったりで買い物でにくいですよね。そんな時にに重宝すること間違いなしです!

 

大切な方に贈りたい

そして、大切な方と一緒に食べていただきたい。大切な自分のためにも。

これから年末年始でたいせつなご家族の時間にもぜひおすすめです。

 

なんと今季からヤフーショッピングでもお買物できるようになりました!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/okamotonojostore/

12月はお歳暮期で込み合いますの、ぜひ早めのご予約をお待ちしています。