4月14日金曜日、絶好のお天気に恵まれて、加賀丸いも植え付け最終日は地元福岡小学校3年生と一緒に終えました。

朝一で準備

数日前から切って乾かしてあった種いもとスコップをならべます。

子供たちが来るのを待ち

まず、あいさつから始まって植え方を説明します。

好天に恵まれて畑はとても乾いて絶好のコンディション。

今年は30人の子供たちと先生3人(校長先生も参加してくださいました!)

↑植え方の説明しながら実際にお手本をみてもらいます

①わらをどかして

②スコップで穴をほる

③たねいもがしっかりうまるふかさでうえた後、

③たねいもの上に2センチほど土をかぶせる

④そのあと、わらをもとどおりにかぶせる

ふむふむ…

植える時に大事なこと

 

「大きくなあれ   おいしくなぁれ   まあるくなあれ」

 

この3つの祈りをこめて♡

ぶじに植え付けは終了しました。

 

おわったあと、早速するどい質問がありました。

 

「ほかの畑とちがうのはどうして?」

「丸いもの外敵はカラスのほかに?」

「一日に何個うえますか?」

などなど

 

考えているな~

こちらも勉強になります。

これから収穫まで、いや食べるまでたのしみです。

 

先生方が意欲的でキラキラしていたのが印象的でした。

教育は本当に大事です。

子供たちの未来が明るいことを心から願います。

ありがとうございました!