岡元農場は今年創立20周年を迎えました。

記録をさかのぼれば約230年前から受け継がれている小さな農家ですが、現農場主の岡元豊は推定15代目ということになるそうです。

彼が、農業経営を継ぎ法人化してから早20年経ちます。

創立前より代々本当にたくさんの方々に支えていただき今があります。心から感謝しています。

 

日常の農作業に追われて、なかなかこれまでできなかったことをこの節目にできたらなーと、ずっと思っていました。

小さなことでもいいから何か自分たちにできることを始めたい。私たちを支えて下さる皆様に役立つことを模索しながら、3月と6月には飾り巻き寿司教室、8月9月にはまちゼミなど(もちろんこれからも続けていきたいと思います)

そして、なんと今年は赤唐辛子を栽培しました~!。無農薬で自然栽培ですが大豊作となりました。

只今↑天日干しで乾燥中ですが、お料理やお米の虫よけにも使えるので、ささやかですが当農場でお買い上げの新米にお付けしています。

うちのお米はどの品種も農薬は最低限に抑えています。

できるかぎり安全であることは食べ物を作るうえでは当然そうあるべきだと思いますが、実際は収量のこと、気候のこと。自然環境のこと。

そして食糧自給率が40%というこの日本で、我々農家の生活が守られなければこの国の食糧はどうなっていくのか?ということ。

まじめにというかまじめすぎるくらい考えて、農業に勤しんでいます。

戦後飢えが本当にあったことなど、まるで嘘のような今の食生活の中で、何をすべきなのか常に考えながら

消費者の方々に役に立つこと、本当の意味でこの国のそれぞれのご家庭の食卓が豊かな食生活になっていくことを願っています。

 

というわけで、赤唐辛子(鷹の爪)もささやかですがどうぞ使ってください!(笑)

みなさまのお役に立てればうれしいです。