丸いも部会役員会

写真.JPG
JA根上丸いも部会役員会があった。現在副部会長の僕を含め役員は7名。
来月行われる総会に向けて事業報告と会計報告。
そして新年度の活動計画。

部会員は残念ながら一人減。
作付面積も全体で一割減という感じ。
高齢化も相まってなかなか厳しいかも。
なにかをやりたくても難しい。

そんな中、役員改選の話になり

「豊、部会長してくれんか?」
会長からの提言。

「できればもう一期副部長でお願いします。100周年に向けて宣伝部長や広報部長もして盛り上げるし、もう一期だけ待っとって。そしたらいつでもするし。」
ということで留年いただいた。
確か8~10年前に部会長3年間就いたことあっていつでも再任することは問題ない。
ただ、今のうちに先輩方でぜひ繋げていただきたい。

ひとついい話もあった。
尊敬する麻田さんが石川県の「ふるさとの匠」に認定された。
僕も前から県に強く推薦していたのでうれしい。
加賀丸いも栽培においては絶対的な職人です。
一番の技術と知識を持っています。
間違いないです。
麻田さん、おめでとうございます。

最後には加賀丸いも試験資材栽培の結果報告。
岡元農場の圃場で葉面施肥散布。
対象区と比較して試験区は1割増収というデータが。
新年度は取り組んでもいいかも。

といった内容の役員会でした。

iPhoneから送信

          岡元農場へのお問い合わせはこちらからどうぞ。    

前の記事

乾燥機の上から

次の記事

不死身